2018-01-22

相性鑑定【月】×【月】のアスペクト

☆Astrology Tokyo ご提供中のメニュー☆
【講座】W占術命習得講座W占術初級四柱推命鑑定師養成占星術鑑定師養成
【対面鑑定】西洋占星術・四柱推命W占術
【メール鑑定】ホロスコープ生まれ変わる四柱推命

Sponsored Link

シナストリーって何?

簡単にいうと、西洋占星術で相性を見るための手法です。自分のネイタルチャートとお相手のネイタルチャートを重ね合わせて、どの星とどの星がアスペクトを持つかを一つ一つ確認していきます。

相性占いとは複雑なもの

シナストリー法では一つ一つの星を見ていきますので、この星とこの星の角度(相性)は良くても、この星とこの星の角度は良くない、ということも十分にありえることです。

例えば、公の自分を表す【太陽】とお相手の【太陽】は良い角度(ソフト・アスペクト)を取っていたとしても、プライベートな自分を表す【月】とお相手の【月】が悪い角度(ハード・アスペクト)を取っていたりすると、会社やある程度ビジネスライクな場面では意気投合できる相性ですが、日常生活やプライベートではなかなか上手く行きづらい相性になる、いうことです。

さらに、【太陽】同士、【月】同士と同一の星同士のアスペクトではなく、【月】と【太陽】とか、【金星】と【木星】とか、組み合わせは無数です…!さらには、前世・来世のご縁を見るためにドラゴンヘッド・テイルを確認したり、セクシャルな相性などを見る時にはリリスを確認したり…もします。

簡単にいうと、西洋占星術の相性鑑定は少々複雑です。

相性を見るためのチャートを作る方法

2つのホロスコープを重ね合わせて作る2重円のチャートを作れるサイトでホロスコープを作成しましょう。

nut’s wheelさんでも二重円のホロスコープを作ることができます。

自分の【月】と相手の【月】にアスペクトがある場合

【月】は「感情」や「内面的な自分」などを表します。

月と月がシナストリー法でアスペクトを持つ場合、ソフト・アスペクトかハードアスペクトかで相性の現れ方が変わってきます。

※相性鑑定では、ハード・アスペクトの関係は必ずしも悪い作用だけではありません。むしろ、男女の関係においては恋に落ちるスピードを速めたりすることもあります。

※合は吉凶両方の作用がありますが、シナストリーではソフトアスペクトに入れています。

【月】×【月】ソフト・アスペクトの場合(合・トライン・セクスタイル)

内面性を表す「月」同士がソフトなアスペクトを組む場合、言葉にしなくても気持ちが通じあったり、同じものを見て同じように感じたり、相手の感情を手に取るように理解することが出来ます。好みが似ているので、テレビを見ても食事をしても快適に過ごせるでしょう。いわゆる「ウマが合う」のは、この関係の人。意識しなくてもリズムが一緒で無理なく長い時間を過ごせます。

【月】×【月】ハード・アスペクトの場合(オポジション・スクエア)

簡単に言うと「気が合わない」と感じることが多い関係です。気持ちを理解しにくいので、同じものを観ても感じ方が違い、同じものを食べても反応が異なるかもしれません。

気持ちが通じあいにくいなぁと感じることも多いですが、「どうしても気になる存在」にもなりやすい関係です。自分には無い部分を相手から学ぶ姿勢でお互いに接することが必要になってきます。

【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師 やなかえつこ
東急田園都市線(渋谷・二子玉川・溝の口・たまプラーザ・青葉台・中央林間)東急東横線(自由が丘)zoomでのオンラインにて対面鑑定・講座、メール鑑定をおこなっています。
初めましてのかたへ→自己紹介
対面鑑定
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く対面鑑定です。
メール鑑定
ホロスコープ鑑定生まれ変わる四柱推命
どんな星のもとに生まれてきたのかを知り『自分らしく生きる』ためのメール鑑定です。
関連記事