2017-01-02

11ハウス(11室)に土星がある人

☆Astrology Tokyo ご提供中のメニュー☆
【講座】W占術命習得講座/ホロスコープ読み方 /ホロスコープ鑑定士養成
【対面鑑定】西洋占星術・四柱推命W占術
【メール鑑定】ホロスコープ/生まれ変わる四柱推命

Sponsored Link

img_6347

人生における土星の役割

人が生まれた時の天体の配置を記したホロスコープ(出生図・ネイタルチャートなどと言います)で土星が配置されているハウス(場所)は、その人が人生において苦手感を抱くテーマを示していると言われています。

そのテーマ(ハウスによって異なる)に気づき、その苦手感を克服することによって、後に強みとなる。試練を通じて強い自分を作る力を与える星、それが土星!

乗り越えるまでは何度でも土星による試練が与えられ訓練を受けるうちに、乗り越え自分の強みなる、そんなテーマ。今回は11ハウスに土星がある場合を考えてみます。

11ハウスは、仲間・友人・未来・希望を表す

11ハウスは、場所や時間を超えた横のつながりを示すハウスです。よって、グループ活動、友人などを表すとされています。それと同時に11ハウスは元々水瓶座のナチュラルハウス(水瓶座が管轄しています)。時間や空間を超えて制限のない場所=インターネットや未来や希望をしますこともあります。

そこに土星が入るとどうなるか…?

未来や希望に不安感を持ったり…

漠然と将来を憂いたり、そのためより現実的で夢や希望を持てない将来を思い浮かべたりします。自分の未来をちっぽけで平凡なものであると思い込むことで、それが普通と安心しようとする傾向があります。要するに自分の未来に自分自身が制限をかけてしまいます。

友人が少なかったり…

11ハウスの示すことの中には友人・仲間・サークル活動なんて意味もあります。またそれらを作っていく過程を示すことも。そこに土星があるので、友人関係に苦手感を持つ場合もあります。

試練を乗り越えるとどうなるのか

少ないながらも現実的でしっかりと地に足のついた友人、親友と呼べる友人ができるようになるでしょう。そういった親友から人生にプラスになるアドバイスを受けられるかもしれません。またグループ・サークルを表す11ハウスの土星には、現実的な目的で仲間と集うという意味にも取れるため、資格取得のためなどの勉強会などに参加することも良いでしょう。

 

土星シリーズ

講 座
【占星術×四柱推命 W講座】120分×6回
【占星術ホロスコープの読み方】3時間×1回
【西洋占星術習得・鑑定士養成】90分×6回
【四柱推命習得・鑑定士養成】90分×6回
全ての人が自分らしく生きるための占い講座です。
対面鑑定
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く対面鑑定です。
メール鑑定
ホロスコープ鑑定生まれ変わる四柱推命
どんな星のもとに生まれてきたのかを知り『自分らしく生きる』ためのメール鑑定です。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です