2017-01-03

12ハウス(12室)に土星がある人

☆Astrology Tokyo ご提供中のメニュー☆
【講座】W占術命習得講座/ホロスコープ読み方 /ホロスコープ鑑定士養成
【対面鑑定】西洋占星術・四柱推命W占術
【メール鑑定】ホロスコープ/生まれ変わる四柱推命

Sponsored Link

jp5rutrnaes-mark-rabe

人生における土星の役割

人が生まれた時の天体の配置を記したホロスコープ(出生図・ネイタルチャートなどと言います)で土星が配置されているハウス(場所)は、その人が人生において苦手感を抱くテーマを示していると言われています。

そのテーマ(ハウスによって異なる)に気づき、その苦手感を克服することによって、後に強みとなる。試練を通じて強い自分を作る力を与える星、それが土星!

乗り越えるまでは何度でも土星による試練が与えられ訓練を受けるうちに、乗り越え自分の強みなる、そんなテーマ。今回は12ハウスに土星がある場合を考えてみます。

12ハウスは、潜在意識・深層心理などを表す

12ハウスは、ホロスコープにある12のハウスの中で解釈が一番難しい場所であると感じます。普段起きている時には意識できない、自分自身の奥底にある潜在意識や深層心理、他には隠されたもの・秘密などを表します。

そこに土星が入るとどうなるか…?

なぜかいつも不安

心の奥にはっきりと認識できない不安を持つことが多くなります。もやっとした、霞んだ、はっきりと解明できない不安です。心に重りが乗っかっているような重苦しい気持ちを持つ人もいるでしょう。自分だけがきちんと評価されていないような、自分だけが辛いような、そんな気持ちを抱くことも。

スピリチュアル、心理の世界に

スピリチュアルな世界や心理の世界で、自身の不安感の答えを求める欲求を持つこともあります。精神世界や宗教などにも興味が向くこともあるでしょう。

試練を乗り越えるとどうなるのか

自分の意識が及ばないところに、しっかりとした現実的で頼れる味方(土星)がいます。自分の心と向き合っていくことでその存在に気付くこともあるかもしれません。自分自身や周囲の人の内面を見つめることができる人になるでしょう。

 

 

土星シリーズ

講 座
【占星術×四柱推命 W講座】120分×6回
【占星術ホロスコープの読み方】3時間×1回
【西洋占星術習得・鑑定士養成】90分×6回
【四柱推命習得・鑑定士養成】90分×6回
全ての人が自分らしく生きるための占い講座です。
対面鑑定
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く対面鑑定です。
メール鑑定
ホロスコープ鑑定生まれ変わる四柱推命
どんな星のもとに生まれてきたのかを知り『自分らしく生きる』ためのメール鑑定です。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です