2017-07-29

【四柱推命】偏財のお金の使い方

Sponsored Link

愛用のMacBookが壊れました

ちょっと前の話なのですが、使っていたMacBookがとうとう充電できない状態になりまして(その後復帰したのですが)、前にも一度そんな状態のことがあったので夫に症状を説明すると、

「買えば?」の一言。

私が使っていたのは、子どもが生まれる前に買ったMacだったのでもう7年以上前のもので動作も遅くイライラを我慢しながら作業していたのです

でも「まだ使えるし…」とか「壊れきってないし…(実際壊れてからの買い替えだと大変なのに)」とか、いろいろ理由をつけて購入を渋っていました。

夫は偏財3つ持ち

私は「財星(正財・偏財)」共に1つもなくて、夫は偏財を3つ持っています。お金を使うことに「まったく躊躇が無い」夫を見て、正直いつも不思議だなぁと思っていたのですが、四柱推命で星を知ってから、それが夫の本質だし、夫はお金を使うことによって多くのリターンを得られることを本能的に知っているのだと納得しました。

さすが回転財の偏財…!

(でもさすがに3つ持ちで自由になりすぎると浪費家っぽくなるので、きちんとした管理が必要です)

もちろん、コツコツ地道に貯めるほうが合っている方もいます…!どの星を持っているのかによって違いますし、正財・偏財両方お持ちの方もいらっしゃいます!どちらが良い悪いではありません。

実際に買い換えると…

新しいMacBookはとても快適で、今までいかに動作が遅くて待たされていたか、フリーズして再起動していたか、それらの時間がどれほど勿体なかったかを実感(人生の時間は有限ですよね…)

もっと早く買い替えていれば、ブログを書いたり鑑定書を作ったりする時間がもっと多く取れて、よりたくさんの作業ができていたかもしれない…時間がもったいなかったなぁって思います。

きっと、このあたりのことを偏財の人は本能的によく分かっているのですよね〜。

買い換えるのに「お金がもったいない」?

さらに今回の買い換えで気が付いたのは、私が買い替えを渋っていた最大の理由「お金がもったいない」という謎な考え。

もちろん一時的にお金は減りますが、実際には新しいMacBookを手に入れていますし、それによって得るものが沢山(快適さ・時間・軽さ…など)なのに「何かを買うと損をする」…この謎な考え…

それを気付かせてくれたのも、夫の『偏財』です。

夫が何か「欲しい」と言った時に「えぇ〜?」ってすぐ渋るの、もうやめようと思います…!

 

以上、夫と偏財とお金の話でした

 

追記2021.2月

この記事を書いたのは、もう4年前なのですね。この2年後、今度は16インチに買い換え、このとき買い換えたMac bookを今は子どもたちが使っています。

この頃の夫は会社員で、なんと夫自身のお小遣いは月々3万円、夫ひとりのお給料で家族5人を養うという生活をしていました。

そういった状況下でも「買い換えれば?」と軽く言い放てるのは偏財のなせる技と言えるでしょう。

その後、夫は独立し会社を起こして自分でお金を回す立場になりました。いよいよ夫が「偏財」らしく生き生きと働いているのを近くで見るにつれ、やっぱり四柱推命ってすごいわ、、と思わずにはいられません。

 

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事