2017-04-08

月星座に見る前世と今世の課題【蟹座】

☆astrology tokyo おすすめメニュー☆
【2019.1.12~14日 四柱推命グループ講座】
【2018.12.21お金と四柱推命のオンラインセミナー】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【講 座】W占術鑑定師養成
【鑑 定】西洋占星術×四柱推命 W占術


Sponsored Link

過去生、つまり今世に持ち越した癖や刷り込みは、出生のホロスコープから読み取る事が可能です。

月に注目する

因縁とか人との縁を確認するときは、まずドラゴン・テイルを確認しますが、単純にその人の過去生や置かれていた状況を予測するならば月に注目します。月は、”幼少の頃に刷り込まれたもの”であり、もっともパーソナルな性質を持ちます。その性質の方向性を表すのがサイン(12星座)です。月はもともと自分自身に備わっているものであり、コントロールできない部分。もしも過去生・前世があるとするならば、ここに現れているだろうと考えてます。

自分の月星座を知る方法

ホロスコープは無料で作れるサイトが多く存在します。インターネットで【ホロスコープ】を検索し、ご自身の月星座をご確認ください。月の正しい位置を調べるには生年月日、出生時間(正確なもの・母子手帳などでご確認を)、出生場所が必要です。

月星座【蟹座】の前世

月を蟹座に持つ人は、過去生のどこかで怪我や病気によって生涯にわたって家族の世話にならなければ生きていけないという経験をしました。それ以外の過去生においても、家族や親戚などに支えられ、身内の人々に強く依存する人生を送りました。家族に依存しなければ人生を全うできなかったという前世記憶が無意識下に強く刻まれています。

このため、月星座蟹座の人は今世でも誰かに面倒を見てもらいたいという願望を持ち、そうでないと自分は生きていけないというような不安と怖れを胸に抱いています。

月星座蟹座が陥りやすいパターン

今世、縁があって家族になった人々というのは、月星座蟹座の人にとって最重要人物です。家族は他ならぬ『自分が生きるために必要不可欠な存在』なのです。しかし、この無意識に刻まれた認識が月星座蟹座の強い依存心、または過干渉を引き起こします。

月星座蟹座の人の思想・行動パターンとしては、次のようなものが考えられます。

自分のことをいつも気にして生涯に渡って面倒見てくれる人がいないと不安→家族と離れられないような関係性を作れば良いんだ!→過干渉・過保護→自分なしでは生きていけいない存在を作る→自分も相手無しでは生きていけなくなってしまう。

今世で学ぶべきこと

月星座蟹座の人が今世で学ぶべきことは、相手を自分の懐に抱いて何もできなくしてしまう、または自分が何もできなくなり相手にべったり依存するのではなく、お互いがそれぞれに自立し、その上でお互いがお互いを大切に思えるような親密な関係を築くことです。

相手に執着し不健全に共依存するのではなく、お互い尊重しあえる家族を作ることです。その時に初めて自由の素晴らしさを知ることになるでしょう。

 

月星座に見る前世と今世の課題
鑑 定
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く鑑定です。対面とオンラインよりお選びいただけます。

やなかえつこ
【西洋占星術・鳥海流四柱推命】鑑定師・講師 

東急田園都市線(渋谷・二子玉川・溝の口・たまプラーザ・青葉台・中央林間)東急東横線(自由が丘)zoomでのオンラインにて対面鑑定・講座をおこなっています。

初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です