astrology tokyo アストロロジートウキョウ(やなかえつこ)

astrology tokyo 管理者 やなかえつこ

ホロスコープ鑑定師|鳥海流四柱推命 日本占道協会 認定鑑定師・認定講師

  • 西洋占星術 ホロスコープ鑑定
  • 四柱推命による命式鑑定
  • 両占術による対面鑑定
  • 両占術の習得講座

3児の母であり、鑑定師・講師としての活動は主に平日午前中(たまに土日)です

著 書

子育てママの四柱推命
-星を味方にすれば運命は変わる-
[正玄流意識編]

池本正玄監修 やなかえつこ著

🎁Amazonで購入
(子育てママの四柱推命-星を味方にすれば運命は変わる-[正玄流意識編] )

執筆協力

●外神でみる2020年の年運(p20~24)
●外神戊土の2020年の運気・12ヶ月分(p190~215)を担当しました

私と占い/占いに対する想い

鑑定師・講師としての仕事をしていく上で、いちばんの想いは「全ての人に 自分の星を知って、社会と調和しながら自分らしく楽に生きてほしい 」です。

人間は生まれながらに他人と違って、ひとりひとりのホロスコープの星の配置が違い、四柱推命の命式が異なります。育った環境や関わる人によって人生は何度も分岐し、さらに違う人生になっていきます。

全く同じ人生を歩む人は誰一人居ないのだから、自分という人間はこの世界で 唯一無二の存在 です。

元々、皆違う人間で個性もバラバラであるのに、社会の中で成長していく過程で「みんな一緒じゃなくちゃ」「みんなと同じようにやらなくちゃ」「出る杭は打たれる」等… だんだんと『その人しか持っていない素敵なところ』が削られて来たような気がします。

そんな風にして育ったわたしたちは、大人になっても「本来の自分」を見失っていて、自分じゃない誰かを目指して借り物の人生を歩んで… でも、それは 「本来の自分」を生きていないので苦しい 。そんな方が多いように思えるのです。

実際に数年前まで、私もそうでした。

星の示す人生を歩んで居ない(つまり自分の持つ星を生かして居ない)と自分の星たちは拗ねてしまいます。四柱推命ではこれを『陰転』と呼んでいます。

私の持つ星たちは『目標に向かって』『社会に出て自分の才能を生かすこと』を強く望んでいました。

けれども、わたしはそんな星の声も聞かず、ずっと家庭に篭っていました。

自分で望んでしていたことなのに、なぜか私の心のバランスはどんどん崩れ、卑屈で自己肯定感も低くて「自分なんて何の価値もない」「私なんて生きている意味があるのかな」と、本気でそう考えていました。もちろん、夫婦間の関係も悪くなって行きました。

 星の示す生き方と真逆だったから です。

もちろん、家庭で育児・子育てに専念することで星が生かせる人もいます…!

そうやって苦しんでいる時に、私は【西洋占星術】を知って、寝食・家事・育児以外の時間を全て西洋占星術の学びに使う日々を経て【四柱推命】に出会い、今が在ります。

何で行き詰まっていたか、自分にはどんな使命があるのか、どんな方向を目指して行けば良いのかが判明して、ずっとコンプレックスに思っていたこともどんどん溶けて行きました。

 自分はこのままで良いんだ と、自分を許す・認めるきっかけになったのです。

大げさに言えば、 そこから人生が変わりました 

何となくうまくいかない、壁にぶつかっている、自分の人生を生きている実感が持てない、自分の悪い(と自分で思い込んでいる)ところを責めてしまう、家族に囲まれて幸せなのにモヤモヤする…

そんな方に、ぜひご自身の星を知って欲しいのです。

 唯一無二のご自分の素晴らしさを知ってほしい 

そんな想いで、日々鑑定・講座をさせていただいています。

自分には何も無いと思っていた話【1】

↑私が10年間の陰転期間から抜け出すまでのドキュメント(笑)です

 

 

やなかえつこへのお問い合わせ方法

お問い合わせ(メールフォームが開きます)

LINE@でのお問い合わせはこちら
友だち追加

東京のすみっこよりお送りしています 

 

 

 

当HPは、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、a8netの参加者です。

一部アイコンはフリー素材POMOさんよりお借りしています

 

著作権について

当サイトに掲載されている情報について著作権は放棄しておりません。著作権法により認められている引用の範囲である場合を除き投稿内容・テキスト・画像・動画等の無断転載・使用を固く禁じます。

 

プロフィール最終更新:2020年5月19日