2017-02-10

7ハウス(7室)に太陽がある人

Sponsored Link

人生における太陽の役割

人が生まれた時の天体の配置を記したホロスコープ(出生図・ネイタルチャートなどと言います)の太陽が表すのは、ずばりその人の人生のテーマです。

7ハウスは、1対1のパートナーシップを表す

7ハウスは、他人と1対1でパートナーシップを組むことを表します。よって、結婚やビジネス上のパートナー、契約等もこのハウスの事象に含まれます。

ここに沢山の天体が入っていれば、人との関係性をうまく使って生きていくことになるでしょう。

影響されやすい面も

7ハウスに太陽が入っている人は、対人関係の中で自分を輝かせるという目的を持っています。

「パートナーシップ」が人生の目的ともなることも多いため、自然とパートナーの目的がと自分の目的が重なっていくこともあるでしょう。

パートナーによって人生が大きく変化する

相手次第で人生の方向性が大きく変わってしまったり、太陽の力が不十分だと自我が薄くなる傾向もあります。

引っ張って行ってくれるパートナーがいると安心して自分らしさを発揮できますので、信頼できるパートナーを見つけることを意識すると良いでしょう。

依存には注意!

7ハウス太陽の人は、人生のテーマがパートナーシップであるため、「相手があっての自分」ともなりやすいです。依存には注意が必要です。

信頼できるパートナーとの関係性を上手に活かしながら生きていきましょう。

太陽シリーズ

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です