2017-06-17

月星座に見る前世と今世の課題【蠍座】

☆astrology tokyo おすすめメニュー☆
【鑑 定】西洋占星術×四柱推命 W占術
【個別講座】W占術鑑定師養成
【四柱推命】グループ講座4期(4月)
【初めての西洋占星術】2時間で理想の未来を読み解くセミナー(5/19 渋谷)

Sponsored Link

過去生、つまり今世に持ち越した癖や刷り込みは、出生のホロスコープから読み取る事が可能です。

月に注目する

因縁とか人との縁を確認するときは、まずドラゴン・テイルを確認しますが、単純にその人の過去生や置かれていた状況を予測するならば月に注目します。月は、”幼少の頃に刷り込まれたもの”であり、もっともパーソナルな性質を持ちます。その性質の方向性を表すのがサイン(12星座)です。月はもともと自分自身に備わっているものであり、コントロールできない部分。もしも過去生・前世があるとするならば、ここに現れているだろうと考えてます。

自分の月星座を知る方法

ホロスコープは無料で作れるサイトが多く存在します。インターネットで【ホロスコープ】を検索し、ご自身の月星座をご確認ください。月の正しい位置を調べるには生年月日、出生時間(正確なもの・母子手帳などでご確認を)、出生場所が必要です。

月星座【蠍座】の前世

月を蠍座に持つ人は、過去生の中で人に裏切られるという経験をしてきた可能があります。時には、権力や財産を巡る争い、また時には愛憎による裏切りがあったのですが、そういった刷り込みを抱き今世に生まれた月星座蠍座さんは、基本的に”他人は信じられないもの”であるという思い込みがあり、おいそれと人を信じたりしません。

月星座蠍座が陥りやすいパターン

基本的に「簡単には他人は信じられない」と思っている月星座蠍座の方は、無意識に自分のことを隠そうとします。それは本当に無意識での行動ですが、周りの人にとっては壁を作られたように感じます。これにより、月星座蠍さんはますます孤独になっていきます。たった一人でいいから自分のことを分かってくれる人』を探し求め、それと同時に、どれだけ自分のことを分かってくれているか、愛してくれているかを常に試そうとしてしまいます。

今世で学ぶべきこと

やっと『自分を分かってくれる人』を見つけても、全身全霊で気持ちをぶつける月星座蠍座が重すぎて、せっかくうまく行っていた相手であっても、関係が壊れてしまうことがあります。

「相手のすべてを受け入れ、相手にも自分の全てを受け入れてほしい」

それが月星座蠍座の本当の幸せでもあり喜び・望みですが、今世では相手が受け入れてくれることへの欲望を追い求めるだけでなく、自分にとっての本当の望みは何かを知ること、そして、相手が自分に何を望むのかも考えられるようにならなくてはいけません。

蠍座ののぞみである一体化。しかし、人間として生を受けたのならば一体化はいくらしたくても叶わぬことです。

それぞれ個別の人間であり、相手を自分の思い通りにコントロールすることなどできないということを今世で学びましょう。

 

月星座に見る前世と今世の課題
鑑 定(対面/オンライン)
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く鑑定です。
【西洋占星術】ホロスコープ鑑定
【四柱推命】鑑定

やなかえつこ
【西洋占星術・鳥海流四柱推命】鑑定師・講師 

東急田園都市線(渋谷・二子玉川・溝の口・たまプラーザ・青葉台・中央林間)東急東横線(自由が丘)zoomでのオンラインにて対面鑑定・講座をおこなっています。

初めましてのかたへ→自己紹介

タグ: ,
関連記事