2017-03-04

自分の星の強弱を知る(ディスポジター・ツリー)

☆astrology tokyo おすすめメニュー☆
【鑑 定】西洋占星術×四柱推命 W占術
【個別講座】W占術鑑定師養成
【四柱推命】グループ講座4期(4月)
【はじめての四柱推命】不思議なほど自分がわかるセミナー(4/13 自由が丘)

Sponsored Link

強く影響している星はどれ?

自分の中にある10の天体。その天体の強弱を知ることで、自分の行動にどの星が大きく影響を与えているのかを知ることができます。

ディスポジター・ツリーの作り方

冥王星がどこのサインに入っているか→そのルーラーを探し出し、そのルーラーはどのサインに入っているか→そのルーラーを探し出し…の繰り返しです。

私の例で恐縮ですが…

冥王星は天秤座→天秤座は金星→金星は蠍座→蠍座は冥王星 元に戻ってしまったので一旦停止

天王星は蠍座→蠍座は冥王星→上の流れの冥王星に矢印

海王星は射手座→射手座は木星→木星は獅子座→獅子座は太陽→太陽は天秤座→天秤座は金星→一番上の流れの金星に矢印

土星は…木星は…

と、こんな感じで全ての天体の「サイン」→「ルーラー」→「サイン」というふうに流れを追っていきます。

 

完成図

そして、出来たのがこの図。

私の中で強い天体は、それぞれ複数の天体を引き連れている「金星」「冥王星」

そして、この金星と冥王星は、お互いの場所を交換している状態=ミューチュアル・レセプションです( 天秤座のルーラーである金星が蠍座にあり、蠍座のルーラーである冥王星が天秤座にある)

ミューチュアル・レセプションは、色々な解釈があって、お互い刺激しあって協働関係を築き生産性を上げるとか、根っこの部分がつながっているからそれぞれ混じり合っていくとか、意思決定の際、それぞれ責任のなすり合いをするとか…諸説あります。

こればっかりは、ネイタルにミューチュアル・レセプションを持っている人に実感値を聞いていくしかないので、これからもデータを収集していこうと思っています。

で、自分はどうなの?

私自身は…そうですね…、日常生活でそれほど意識はしていません。

それでもこれまでの人生、「心地よさ(金星)」が判断基準になることは多かったような気がします(月が牡牛座、太陽が天秤座のため、両者のルーラーが金星であるので、金星の影響力の大きさは自分自身でも意識がしやすいところです)

ディスポジター・ツリー

ご自身の星の強弱を作ってみるとなかなか面白いかと思います…!

【追 記】2017.08.28

『冥王星は日常ではなかなか発動しない星』であるので、私の意思決定はますます「金星」が握っている可能性が強くなります。楽しいこと、自分の好きなこと、それを判断基準にしていく。むしろ、これからもそうしていくことで益々発展するような気がします…!

鑑 定
【西洋占星術×四柱推命】W占術スペシャルセッション
東洋・西洋両方の占星術を用いて、より深く人生を読み解く鑑定です。対面とオンラインよりお選びいただけます。

やなかえつこ
【西洋占星術・鳥海流四柱推命】鑑定師・講師 

東急田園都市線(渋谷・二子玉川・溝の口・たまプラーザ・青葉台・中央林間)東急東横線(自由が丘)zoomでのオンラインにて対面鑑定・講座をおこなっています。

初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です