2019-10-14

【四柱推命】十二運星 冠帯が病みやすい3つの環境

Sponsored Link

弱みを見せられない冠帯あるある

昨日は冠帯サミットの運営メンバーとzoomで打ち合わせをしました。

その中で出た「他人に弱み(悩み)を見せられない」という冠帯あるある。

…確かに冠帯はプライドが高い星でもあるので、そういうところ…ありますよね…!

エネルギーも大きくて自分で何とかできちゃったりするから、なかなか相談したりしないですよね…!

(うん……)

このプライドの高さ、冠帯自体が陰転していると「他人からの目をめちゃくちゃ気にする」という形で現れたりもします。

⭐ご自身の星を調べられます (花木えりなさんの命式作成サイトをご紹介しています)

冠帯が病みやすい環境

冠帯が病みやすい環境としては以下の3つです

  1. 世間体、周囲を気にしすぎて病気になる
  2. 地味で裏方的な仕事、又は汗まみれになって働くことはストレスを感じ病気になる
  3. 辱めを受けると激しく怒るので、怒りで弱る

改訂版 「眞医」 陰陽五行四柱推命学 宮幹藍后著より引用)

1.2は特に陰転している場合にそのような状況になったり、自らそのような環境に身を置きやすくなります。

また陰転の有無に限らず、案外平和主義者の冠帯。

自尊心を傷つけられるような出来事があっても、グッとこらえて溜め込んでしまうことも多いようです🌪

…しかしこれは、冠帯にとっては結構ツライのです💦

冠帯さん!ストレス発散してください

強がりで身近な人にも弱みをなかなか見せられない誇り高き冠帯さん✨

頑張りすぎていませんか…? ストレスが溜まってはいませんか…?

まずは、日頃から心許せる人を見つけておきましょう。

心許せる人がどうしても見つからない…という場合には、ぜひ鑑定にもいらしてくださいね。

あとは、過去やってみて心が晴れたものなどをリストアップしておくのも良いでしょう💡

冠帯はラグジュアリーな空間などで癒されるので、ホテルのロビーラウンジなどでゆったりとお茶などしても良いかもしれません🌹✨

私自身の陰転から陽転への道のり

【四柱推命】冠帯持ちの私が陰転から抜け出した方法

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事