2019-12-01

天中殺の過ごし方(天中殺周期について その3)

Sponsored Link

四柱推命の運気(天中殺周期)

前回、前々回と運気(天中殺周期)について書かせていただきました🖊✨

今回は、天中殺周期の中の【忍耐・陰徳・修行の時期】である【天中殺】についてです。

運気を活かすためにまず必要なこと(天中殺周期について その1)

12周期の解説・影響(天中殺周期について その2)

天中殺の過ごし方

忍耐・陰徳・修行の時期は「天中殺」と呼ばれる運気の時期にあたります。

天中殺いうと、その文字並びから怖く苦しいイメージを思い浮かべますが、実際には「運気のリズムが不安定・運気の枠が外れている状態・潜在意識と顕在意識の壁が薄くなる時期」を表します。

よって、天中殺の時期には非日常なことも含め、良くも悪くも様々なことが起こります。

一番大切なのは…

そんな中、一番大切なのは『自分自身の在り方』です。

天中殺の時期は「努力・修行・誠実・感謝・世のため人のため・陰徳(影で良いことをする)」というスタンスでいることが大切であり、

良いスタンス/在り方でいることで災難を避けたり、結果として良い方向へ向かい通常では考えられないような成果を出すことができる可能性を秘めた時期でもあります。

良いスタンスで動くこと♡

天中殺だからといって、じっと内に籠り社会との関わりを断てば表面的に見た不幸と呼ばれる出来事は避けられるかもしれません。

しかし、それでは時間(つまりは人生)の無駄遣いです。

良いスタンスで行動し、天中殺を良い時期にして行きましょう。

なお、天中殺の時期は、大きな決断・買い物などは控えるほうが良いと言われますが、人のため・人助けのため・相手を幸せにするため・勉強のためなどであるならば災いにはならず、良い結果となり問題はないと言われます。

以前、以下の記事を書きました。合わせてご覧ください🙂

【四柱推命】天中殺は新しいことを始めない方が良いのか?

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事