2020-02-16

【四柱推命】庚子年(2020年)の過ごし方

Sponsored Link

2020年の年干支【庚子】

2020年は【庚子】の年。

子は新しく芽生えた形を表しており、新しい生命力が創造される年まわり。

一方で庚は「こう」とも読み同じ音の「更」につながり継続や更新を意味します。

庚子年の過ごし方

前年【己亥】年から引き継いだものを断絶することなく、

これまでの過程で知らず知らずに犯してきた罪を償い、

思い切って生き方を更新していかなくてはいけません。

まるっきり違う分野に飛び込んだりガラリと変えるよりは、さらなる進化を目指す方向に進む方が良く、

そうすることで新しく伸び始めた芽が上手く育っていきます🌿

庚子年の歴史上の出来事

天慶3年(940)

平将門敗死

長保2年(1000)

天皇陛下新内裏へ

治承4年(1180)

源頼朝、鎌倉へ入る

延文5年(1360)

細川清氏、楠木正儀(楠木正成の三男)を破る。

天文9年(1540)

武田信虎(武田信玄の父)、佐久を侵略。

織田信秀(織田信長の父)、三河安祥城を落とす。

慶長5年(1600)

会津征伐。関ヶ原の戦いで西軍敗北、石田三成処刑される。

明治33年(1900)

第4次伊藤内閣。

昭和35年(1960)

岸政権から池田勇人政権に移る。池田首相、所得倍増計画を発表。

明星食品が「味付ラーメン」を発売。

麒麟麦酒が缶入りビールを発売。

ソニーが世界初のトランジスタテレビを発売。

呉羽化学工業が「クレラップ」を発売。

森永製菓が日本初のインスタントコーヒーを発売。

 

歴史上の出来事は『干支から見た日本史/邦光史郎著』とウィキペディアを参考にしました

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事