2020-03-11

【四柱推命】通変星を「人生」に例えると

Sponsored Link

人の一生に例えられる星たち

四柱推命では、十二運星が人の一緒をなぞらえた星であることが有名です。

また、西洋占星術でも12星座(12サイン)は人の一生の流れを表しています。

【四柱推命】十二運星と運勢エネルギー

通変星を「人生」に例えると

【比 肩】

自分が世界の全て!赤ちゃんの時期。エネルギーに満ちています。

【劫 財】

他者を認識し自我が目覚めます。意思表示を始め、駆け引きも覚えていきます。

【食 神】

みんなに愛される幼児期。5歳児!描いた絵を大人に褒めてもらいたい!

【傷 官】

思春期真っ只中、反抗的になったり社会を否定しつつ、音楽や文学などの芸術にのめり込む。

【偏 財】

部活にバイトにデート♡に忙しい大学生。そんな中でも人脈はちゃっかりと広げていきます。

【正 財】

社会人1年目。真面目に仕事に打ち込み、社会で立派に活動します。

【偏 官】

社会で実力を発揮する30代。自信に満ち溢れる一方、怖いもの知らずな時代。

【正 官】

実績を作り地位もお金も手に入れた40代。今まで築いてきたものを守る。保守派。

【偏 印】

定年退職後の生活のための仕事から解放された、自由に好きなことに打ち込む時代。

【印 綬】

知識と経験を豊富に持つ熟年期

通変星についてはこちらもどうぞ

【四柱推命】通変星別「もし壁にぶち当たったら」

【四柱推命】通変星、正の星と偏の星

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

タグ:
関連記事