2020-04-27

【四柱推命】無限のエネルギー源を持つ人(三合会局とは)

Sponsored Link

三合会局とは

四柱推命の【三合会局】とは、十二支の関係性です。

組み合わせは、次の4パターン(水局・金局・木局・火局)になります。

木局
火局
金局
水局

生・旺・墓(せい・おう・ぼ)

春夏秋冬を司る四行(木・火・金・水)が最も盛んとなる「卯・午・酉・子」を【旺】の十二支と、生み出す【生】の十二支、役割が終わる【墓】の十二支が3つ全て揃っている状態を『三合会局』と言います。

「水局」で例えると…

申子辰の三合水局を例にとると、

申子辰の三合の中心は、【旺】の十二支である「子」となり、「子」は水の五行の十二支です。

水の五行を生み出すのは金の五行であり、金の五行を持つ十二支は「申」と「酉」です。

「酉」は金の五行の中心であり最も旺じる十二支であるため、【生】にはなりません。

よって、水局の【生】は「申」となります。

水の【旺】である子は、木の五行を生み出すことによって役割を終えます。

【墓】は木の五行の十二支となりますが、

「寅」と「卯」はまだこれから何かを生み出すことのできる元気な「木」であるため、

木の五行の最後の十二支である「辰」を【墓】とします。

非常に強い結びつきを生じる

三合会局は【生】【旺】【墓】それぞれの状態を司る十二支が全て揃ったものをいい、強い結びつきが生じます

よって、相性占いをするときに自分と相手の十二支で『三合会局』が出来上がれば、非常にご縁が深く離れがたい関係となるでしょう。

✏こちらの投稿に書きましたのでご覧ください

【四柱推命】いちばん簡単な相性占いの方法

自分の命式内に三合会局がある場合

四柱推命のご自身の命式に『三合会局』がある場合、

それぞれの局(木局・火局・金局・水局)において、

【生まれ(生)】→【旺じて(旺)】→【完結する(墓)】が自分の中に完備されているということになります。

ここからは私独自の解釈となりますが、「三合会局」を持つ人は

木局 → 上を目指す

火局 → 情熱を燃やす

金局 → 形を作る

水局 → 知性を磨く

これらのことがスムーズに進められ、尽きることのないエネルギー源がご自身の中に完備されているような状態です。

『三合会局』を持つ人の解釈

書籍等によると「三合会局を命式内に持つ人は、物事が整い容姿も良く、人格や才能も偏らず安定しているため、人生が円満に進む」とあります。

もちろんそういった一面はあるかもしれませんが、しかしながら【四柱推命】【西洋占星術】を含め占い全てにおいて、残念ながら「“これ”があれば人生安泰…!」ということはありません。

『三合会局』のある方は、ご自身の中に“無限のエネルギー源”があることを意識して、それを有効活用できるようにしてみてください🚩

(参考)グランドトラインに似ている

この『三合会局』は、【西洋占星術】におけるグランドトライン🔺に非常に似ていると感じました。

グランドトラインも「火・地・風・水」の同エレメントの中で【活動宮】【不動宮】【柔軟宮】を全て持ち、そのエレメントにおいて無限のエネルギー源を持つアスペクトです。

サイト管理者:やなかえつこ
【西洋占星術・四柱推命】鑑定師・講師(初めましてのかたへ→自己紹介

関連記事